クリニックを経営するにあたって、注意すべき点は何でしょうか?

クリニックを経営するにあたって、注意すべき点は何でしょうか?

注意すべきポイントは3つ以下の順番になると思います

 来院患者を増やし、クリニックの経営を軌道に乗せること

 スタッフが勤めやすい環境をつくること

 求人を出しても応募が殺到するクリニックを作ること

意外に盲点なのは、②の「スタッフが勤めやすい環境を作ること」と③の「求人を出しても応募が殺到するクリニックを作ること」だと思います。ここでは②と③について考えてみましょう。

 について

経験してみると分かるのですが、スタッフの入れ替わりというのは、求人広告費用の増加、入社する人と退職する人の引き継ぎにかかる人件費、ベテランの退職によるパフォーマンスの低下、など収支に大きな影響を与えます。
よって、スタッフが勤めやすい環境(=辞めない環境)をつくることは、良い経営をすることに直結するのです。

また、スタッフ退職の理由で最も多いのが「院長との人間関係」と「スタッフ同士の人間関係」です。
スタッフとの人間関係に気を配ることも、医院を経営するにあたってとても重要なことだと考えます。


 について

院内の人間関係が良好だとしても、クリニックは女性の職場であり、女性は結婚、出産、夫の転勤、親の介護など家族の状況によって働ける環境が大きく変化します。
仮に現在5人のスタッフがいるとして「今のスタッフが10年後に何人残っているか?」と考えると現実的には恐らく0~2人程度ではないでしょうか?つまり、今のスタッフは院内の人間関係が極めて良好であったとしても、必ず辞めていくのです。

スタッフが辞めると、必ず辞めたスタッフの分だけ採用をしなければなりません。
その時に応募してくる人がいないと大変なことになります。特に歯科医院の場合、歯科衛生士の離職率は極めて高く、かつ絶対的に人数が不足しているため注意が必要です。